文化庁長官

略歴

第22代文化庁長官 宮田 亮平 寫真

第22代文化庁長官
宮田 亮平ミヤタ リョウヘイ

 金工作家。新潟県佐渡に蝋型鋳金作家の2代目宮田藍堂の3男として生まれる。1972年に東京藝術大學大學院 美術研究科 工蕓専門課程(鍛金専攻)を修了。イルカをモチーフとした「シュプリンゲン」シリーズなどの作品で,「宮田亮平展」(個展)をはじめとして,國內外で多數の展覧會に參加。
 「日展」內閣総理大臣賞や,「日本現代工蕓美術展」內閣総理大臣賞など數々の賞を受賞し,2012年に第68回日本蕓術院賞を受賞。

現職 文化庁長官
生年月日 昭和20(1945)年6月8日
學歴

昭和45(1970)年3月
東京藝術大學 美術學部 工蕓科 鍛金専攻 卒業

昭和47(1972)年3月
東京藝術大學大學院 美術研究科 工蕓専門課程 鍛金専攻 修了

職歴

平成2(1990)年
文部省在外研究員(ドイツ)

平成8(1996)年
中國?北京中央工蕓美術學院 特別講師

平成9(1997)年
東京藝術大學 教授

平成13(2001)年
東京藝術大學 美術學部長

平成16(2004)年
東京藝術大學 副學長?理事

平成17(2005)年
東京藝術大學 學長

平成28(2016)年
文化庁長官

受賞等

昭和45(1970)年 第24回「二紀展」彫刻部奨勵賞,「東京藝術大學」安宅賞 受賞
昭和46(1971)年 「二紀展選抜展」佳作賞,第25回「二紀展」彫刻部奨勵賞 受賞
昭和47(1972)年 第11回「日本現代工蕓美術展」大賞,読売新聞社賞,日本TV賞 受賞
昭和54(1979)年 第18回「日本現代工蕓美術展」文部大臣賞 受賞
昭和56(1981)年 第13回「日展」特選 受賞
昭和60(1985)年 「西武工蕓大賞展」奨勵賞 受賞
平成8(1996)年 「國際ジュダイカ?デザイン?コンペティション」(イスラエル)制作 銅賞 受賞
平成9(1997)年 第29回「日展」特選 受賞
平成11(1999)年 「朝日海とのふれあい賞」(朝日新聞社) 受賞
平成16(2004)年 日本銅センター賞(社団法人日本銅センター) 受賞
平成17(2005)年 第7回瀬戸山賞(法務省) 受賞
平成19(2007)年 第46回「日本現代工蕓美術展」內閣総理大臣賞 受賞
平成21(2009)年 第41回「日展」內閣総理大臣賞 受賞
平成24(2012)年 第68回 日本蕓術院賞 受賞

過去の個展?展覧會等

平成11(1999)年 「宮田 亮平 金工展」ギャラリー日鉱(東京)
「清洲インターナショナルクラフトビエンナーレ'99」(韓國)
「'99ソウル京城國際金工作家招待展」(韓國)
平成13(2001)年 「九つの音色展」三越(日本橋本店),'03'04(韓國),
 '05'07(東京),'06(北京),'09(東京?福岡)
平成14(2002)年 「宮田 亮平 金工展」伊勢丹(新潟),銀座和光(東京)
平成16(2004)年 「宮田 亮平 金工展」三越(日本橋本店)
平成19(2007)年 「宮田 亮平 金工展」三越(日本橋本店?新潟店)
平成20(2008)年 「宮田 亮平?琴 親子展」雪梁舎美術館(新潟)
「宮田 亮平 金工展」髙島屋(日本橋店)
平成22(2010)年 「宮田 亮平展」三越(日本橋本店?仙臺店)
平成23(2011)年 「宮田 亮平展」大丸松坂屋(松坂屋名古屋店?大丸大阪心斎橋店)
平成25(2013)年 「宮田 亮平展 -海へ-」
 高島屋(日本橋店?橫浜店?大阪店?ジェイアール名古屋店)
平成26(2014)年 「宮田 亮平展 -海へ-」(クリエイションの未來展:第2回)
 LIXILギャラリー(東京)
平成27(2015)年 「宮田 亮平展 -海へ-」三越(日本橋本店)
「いきものたち展」(クリエイションの未來展:第6回)
 LIXILギャラリー(東京)

歴代文化庁長官

お知らせ

2017年10月5日カズオ?イシグロ氏 ノーベル文學賞受賞 長官コメント

ページの先頭に移動
365亚洲版老平台