「第16回文化庁映畫週間」の開催

印刷版(160.2KB)

文化庁では,日本映畫の振興及び発展のために,様々な観點から取り組みを行っています。その一環として,この度16回目となる「文化庁映畫週間」を東京國際映畫祭期間中に開催します。文化庁映畫週間では,優れた文化記録映畫や永年にわたり日本映畫を支えてこられた方々を顕彰するとともに,記念上映會やシンポジウムなどを実施し,様々な立場の方々が映畫を通じて集う場を提供します。

1.會期

令和元年10月28日(月)~11月4日(月?祝)

2.場所

?グランドハイアット東京(最寄:六本木駅)

?神楽座(最寄:飯田橋駅/九段下駅)

?六本木アカデミーヒルズ49タワーホール(最寄:六本木駅)

3.主催等

主催:文化庁

共催:公益財団法人ユニジャパン

4.実施事業の概要

次ページ以降參照

各イベントの詳細は,決まり次第下記URLに掲載します。

http://www.bunka-cho-filmweek.jp/

文化庁參事官(蕓術文化擔當)付

參事官
坪田知広(內2822)
參事官補佐
伊野哲也(內2062)
映畫振興係長
はな村篤子(內2083)
【代表】
03-5253-4111

実施事業の概要

令和元年度文化庁映畫賞贈呈式

優れた文化記録映畫作品を顕彰する文化記録映畫部門,永年にわたり日本映畫を支えてこられた方々を顕彰する映畫功労部門の贈呈式を実施します。

  • 日程:10月28日(月)18:00~
  • 會場:六本木ヒルズグランドハイアット東京(港區六本木6-10-3)
  • ※受賞作品及び受賞者については後日発表

令和元年度文化庁映畫賞受賞記念上映會

文化記録映畫部門受賞作品を上映するとともに,各映畫上映後に當該映畫に関わった方々をお迎えしてQ&Aも行います。

  • 日程:11月2日(土)時間未定
  • 會場:神楽座(千代田區富士見2-13-12KADOKAWA富士見ビル1階)

シンポジウム

映畫文化の最新動向を紹介するシンポジウム。映畫業界の現狀と未來について,多彩なゲストを招いてディスカッションします。

  • 日程:11月4日(月?祝)17:00~(予定)
  • 會場:六本木アカデミーヒルズ49タワーホール
  • (港區六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー49階)

テーマ:「國際共同製作の今を語る」

第一部:日中合作映畫の取り組み

講師:苗暁天(ミャオ?シャオティエン,中國電影合作制作公司 前総経理)

第二部:フランスにおける國際共同製作の現狀と展望

講師:Ronan Girre(ロナン?ジール,プロデューサー)

第三部:共同製作概論2019

登壇者:調整中

(參考)第32回東京國際映畫祭開催概要

  • 期間:令和元年10月28日(月)~11月5日(火)9日間
  • 會場:六本木ヒルズ,EXシアター六本木(港區)ほか,都內の各劇場及び施設?ホール
  • 公式サイト:http://2019.tiff-jp.net/ja/

企畫內容に関する詳細お問合せ先
公益財団法人ユニジャパンE-MAILbfw2019@unijapan.org

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動
365亚洲版老平台