令和元年度文化庁映畫賞(文化記録映畫部門?映畫功労部門)の決定について

印刷版(259.6KB)

文化庁では,この度,文化庁映畫賞(文化記録映畫部門?映畫功労部門)の受賞作品及び受賞者を決定しましたのでお知らせします。

1.表彰の概要

我が國の映畫蕓術の向上とその発展に資するため,文化庁映畫賞として,優れた文化記録映畫作品(文化記録映畫部門)及び永年にわたり日本映畫を支えてこられた方々(映畫功労部門)に対する顕彰を実施しています。

文化記録映畫部門では,選考委員會における審査結果に基づき,次の3作品(文化記録映畫大賞1作品,文化記録映畫優秀賞2作品)を受賞作品として決定しました。各作品の製作団體に対して,賞狀及び賞金(文化記録映畫大賞200萬円,文化記録映畫優秀賞100萬円)が贈られます。

また,映畫功労部門については次の7名の方が受賞者として決定し,文化庁長官から賞狀が贈られます。

2.受賞作品及び受賞者

【文化記録映畫部門】

文化記録映畫
大賞
作品名 ぼけますから、よろしくお願いします。
製作者名 株式會社ネツゲン,株式會社フジテレビジョン,関西テレビ放送株式會社
文化記録映畫
優秀賞
作品名 沖縄スパイ戦史
製作者名 「沖縄スパイ戦史」製作委員會
作品名 福島は語る
製作者名 土井敏邦

(作品名50音順)

【映畫功労部門】

氏名 分野
淺香時夫(あさかときお) 科學映畫(生物試料作成?腳本?演出)
牛場賢二(うしばけんじ) 映畫照明
倉橋靜男(くらはししずお) 音響効果
佐々木史朗(ささきしろう) 映畫プロデュース
淳一郎(はやしじゅんいちろう) 撮影監督
日野重朗(ひのじゅうろう) 美術裝飾?造園
渡辺宙明(わたなべちゅうめい) 映畫音楽

(敬稱略?氏名50音順)

3.贈呈式及び受賞記念上映會(都合により,日時?場所の変更の可能性があります。)

(1)贈呈式
日程:10月28日(月)18:00~
會場:六本木ヒルズグランドハイアット東京
(2)受賞記念上映會
日程:11月2日(土)10:00~
會場:神楽座(飯田橋)
10:00~『沖縄スパイ戦史』
13:00~『ぼけますから、よろしくお願いします。』
16:00~『福島は語る』

文化庁參事官(蕓術文化擔當)

參事官
坪田知広(內2822)
參事官補佐
伊野哲也(內2062)
映畫振興係長
はな村篤子(內2083)

【代表】03-5253-4111

令和元年度文化庁映畫賞贈賞理由及び功績

文化記録映畫部門

文化記録映畫大賞

『ぼけますから、よろしくお願いします。』株式會社ネツゲン,株式會社フジテレビジョン,関西テレビ放送株式會社

老齢化や看護は,誰しもが避けることができない人生の課題である。これは,その試練に淡々と向かい合おうとする家族の物語である。老夫婦の日々は,時に悲しく,時に過酷で,見る人をも辛くさせる。しかし,その試練に黙々と対処する老夫婦の姿に觸れている中に,やがてやるせなさや愛おしさを共有し,靜かな感動へと誘われていることに気付く。認知癥という難しい課題を扱いながら,普遍的な物語へと昇華させた稀有な作品である。

(塚田芳夫)

文化記録映畫優秀賞

『沖縄スパイ戦史』「沖縄スパイ戦史」製作委員會

第二次世界大戦の末期,沖縄本島北部へ大本営が送り込んだ陸軍中野學校の青年將校たち。映畫は,彼らが十代半ばの少年を組織しゲリラ戦を遂行したこと,スパイ容疑者のみならず,病人や怪我人が足手まといとして殺害されたことなど,當時の生存者の証言や資料を丁寧に掘り起こして敗戦末期の軍隊の恐ろしさを浮き彫りにする。語られることの少ない本島北部の悲劇について,沖縄戦の新たな視點での貴重な記録となっている。

(山田顕喜)

文化記録映畫優秀賞

『福島は語る』土井 敏邦

原発事故という大きな現実の中で,生きざるを得ない人びとがいる。その人たちは今,何を思い,どうしようとしているのか。映畫は14人の聲を,丹念に長い時間をかけ記録していく。お互いの信頼関係の中で,人びとは徐々に語りにくかった思いをしずかに,整理するように語る。制作者はその証言に正面から向き合い,そのことで,福島の現実を直視しようとする。この映畫はドキュメンタリーの一つの到達點といってよい作品である。

(原田健一)

※()內は執筆した選考委員名

映畫功労部門

淺香 時夫(あさか ときお)

醫學部の森於菟教授の助手時代に鶏の胚の研究を始め,東京シネマの自主作品『生命誕生』(昭39)で生物試料を擔當。昭和42年に小林米作を代表として創設されたヨネ?プロダクションに參加し,ミクロの生命現象を映像化させるための映像表現を理解し,顕微鏡撮影に適した生物試料を作成する専門スタッフとして,科學映畫を大きく前進させた。ヨネ?プロダクション『ダルムの世界』(昭42)『酵素療法への招待』(昭43),シネサイエンス『カルスの世界-培養された植物細胞』(昭52)『重癥感染癥の化學療法』(昭56)など,腳本や演出も手がけている。平成30年には,生きた狀態で鶏卵の発生を軸に胚が成長していく様を8K映像で収録することに成功したヨネ?プロダクション『からだの中の宇宙?超高精細映像が解き明かす?』で総監督指揮(生物試料指導)を務めており,永らく日本の科學映畫の発展に寄與してきた。

牛場 賢二(うしば けんじ)

(株)円谷プロダクションを経てフリー。技術者集団コダイ?グループの設立に參加。実相寺昭雄監督『あさき夢みし』(昭49)で照明技師デビューした。數々の特殊撮影を手がけ,『帝都物語』(昭63)など実相寺監督の獨特な世界観を表現することに手腕を発揮,同作品ではその特撮技術により本編?特撮同時撮影を実現して高い評価を受け,『ウルトラQ ザ?ムービー 星の伝説』(平2)では竹藪の中に舞臺用ライトを埋め込み光芒を表現するなど,その獨創的かつ大膽なライティングに多くの若い助手が師事を仰ぎ,同人のもとで多くの後進が育成された。主な作品に『屋根裏の散歩者』(平6)『ゲゲゲの鬼太郎』(平19)『駆け込み女と駆け出し男』(平27)など。平成22年まで日本映畫テレビ照明協會副會長を務め,斯界の発展に盡力した。

倉橋 靜男(くらはし しずお)

昭和43年に日活(株)と契約,昭和53年に東洋音響効果グループに參加,TVドラマやTVアニメでキャリアを重ねた。昭和63年には劇場用アニメーション?映畫等の映像作品への音響効果を制作する(有)サウンドボックスを設立。篠田正浩作品や三谷幸喜作品などの実寫作品も手がけつつ,アニメーションを中心に活動し,実寫特有のリアルな音付けや音響を応用した複雑な音の世界,新しい音の響きなどを追及してアニメーションの演出に個性を與えた。代表作品に,宮崎駿監督『ルパン三世 カリオストロの城』(昭54),大友克洋監督『AKIRA』(昭63)今敏監督『東京ゴッドファーザーズ』(平15),水島精二監督『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』(平17),高坂希太郎監督『若おかみは小學生』(平30)など。多ジャンルで培った技術を若手スタッフに継承し,多くの人材を輩出しており,日本のアニメーション制作に多大な貢獻をした。

佐々木 史朗(ささき しろう)

永年,プロデューサーとして多くの新人監督の発掘と映畫製作を手がけてきた。日本アート?シアター?ギルド社長時代には大森一樹監督『ヒポクラテスたち』(昭55)根岸吉太郎監督『遠雷』(昭56)井筒和幸監督『ガキ帝國』(昭56)大林宣彥監督『転校生』(昭57)森田芳光監督『家族ゲーム』(昭58)などの作品をプロデュースして,自主映畫や成人映畫の世界から多くの新進監督を世に出した。平成5 年には(株)オフィス?シロウズを設立し,原將人,中江裕司,李相日,沖田修一,西川美和などの新人や若手監督の作品を積極的に製作して,日本映畫の発展に大きく寄與した。早稲田大學や立命館大學の客員教授,日本映畫製作者協會代表副理事長などを歴任,日本映畫大學の開學に盡力して理事長を務めるなど,人材育成にも多大な貢獻をした。

林 淳一郎(はやし じゅんいちろう)

日本現代企畫,東映東京撮影所を経て,フリーとなり,昭和60 年『ムッちゃんの詩』でデビューし,中島丈博監督『郷愁』(昭63)吉田喜重監督『嵐が丘』(昭63)で毎日映畫コンクール撮影賞を受賞。その後,神代辰巳監督『棒の哀しみ』(平6)降旗康男監督『タスマニア物語』(平2)『あなたへ』(平24)森淳一監督『重力ピエロ』(平21)など,劇場用映畫だけで60本以上の撮影を擔當し,自由でユニークな発想により,挑戦的で刺激的な個性を撮影に発揮して,日本映畫に貢獻してきた。中田秀夫監督『リング』(平10)『仄暗い水の底から』(平14),黒沢清監督『回路』(平13)などホラー作品の撮影も手がけ,海外でもその評価は高く,近年ではメキシコ映畫の撮影を擔當している。

日野 重朗(ひの じゅうろう)

昭和55年に(株)紫水園に入社し,永らく植栽や庭の造作,敷石や添景物など映畫美術に欠かせない造園部門に攜わり,行定勲監督『北の零年』(平17)滝田洋二郎監督『おくりびと』(平20)など,多くの映畫作品を支えてきた。降旗康男監督『鉄道員』(平11)ではスタジオに建てた病院セットの窓外に大雪の降り続くナチュラルな雪景色を作り上げ,原田眞人監督『クライマーズ?ハイ』(平20)では,膨大な當時の事故現場寫真を參考に,群馬の山中に御巣鷹山尾根のジャンボ機墜落現場の忠実な再現を図るなど,優れた造園知識と卓越した映像感覚で日本映畫に貢獻してきた。撮影の時期に合わせたメンテナンスなど,経験と高い技術力に加えて根気が必要とされる仕事を継承するため後進の育成にも盡力しており,その功績は大きい。

渡辺 宙明(わたなべ ちゅうめい)

ラジオドラマ音楽を経て,中川信夫監督『人形佐七捕物帖 妖艶六死美人』(昭31)で映畫音楽デビュー。以後,新東寶作品では中川信夫監督『東海道四谷怪談』(昭34)『地獄』(昭35),大映作品では山本薩夫監督『忍びの者』(昭37)安田公義監督『妖怪百物語』(昭43)など多くの映畫音楽を擔當した。「人造人間キカイダー」(昭47~昭48)「マジンガーZ」(昭47~昭49)「秘密戦隊ゴレンジャー」(昭50~昭52)「宇宙刑事ギャバン」(昭57~昭58)など,TV アニメや特撮ものの劇中音楽,主題歌も數多く手がけ,現在も「プリキュアシリーズ」などに新曲を提供するなど活動を続け,評伝も出版された。また,90歳を迎えた際には,「渡辺宙明「日活映畫音楽傑作選」」が発売されるなど,作品の音 盤化により映畫音楽文化を振興した功績も大きい。

<參考>令和元年度文化庁映畫賞選考委員

【文化記録映畫部門】

岡田秀則
國立映畫アーカイブ主任研究員
栗田香穂
公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団學蕓員
塚田芳夫
公益社団法人映像文化製作者連盟會長
原田健一
新潟大學人文社會科學系人文學部教授
村山英世
一般社団法人記録映畫保存センター事務局長
山田顕喜
日本大學蕓術學部?大學院蕓術學研究科非常勤講師

【映畫功労部門】

蘆澤明子
映畫キャメラマン
新藤次郎
株式會社近代映畫協會代表取締役社長
中嶋清美
公益社団法人映像文化製作者連盟理事?事務局長
野村正昭
映畫評論家
氷川竜介
明治大學院特任教授,アニメ?特撮研究家

(敬稱略?氏名50音順)

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動
365亚洲版老平台