文化蕓術創造都市

趣旨

 産業構造の変化により都市の空洞化や荒廃が問題となる中,歐州などでは,文化蕓術の持つ創造性を活かした産業振興や地域活性化の取組が,行政,蕓術家や文化団體,企業,大學,住民などの連攜のもとに進められてきました。こういった取組は「クリエイティブ?シティ」として國內外で注目されつつあります。ユネスコも,文化の多様性を保持するとともに,世界各地の文化産業が潛在的に有している可能性を都市間の戦略的連攜により最大限に発揮させるための枠組みとして,2004年に「創造都市ネットワーク」事業を開始しました。
 文化庁においても,文化蕓術の持つ創造性を地域振興,観光?産業振興等に領域橫斷的に活用し,地域課題の解決に取り組む地方自治體を「文化蕓術創造都市」と位置付け,文化庁長官表彰,國內ネットワークの構築を通じ支援しています。

ページの先頭に移動
365亚洲版老平台